2017年11月22日水曜日

HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR レビュー 今まで買っていなかったことを後悔

高いし、デカいし、重い。
こんなレンズを買うかどうかずっと悩んで、そしてついに買っちゃいました。
当初、K-1を買ってからも超広角レンズとしてはAPS-C機時代のレンズSigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMを使っていました。望遠端16㎜だけは四隅のケラレなく使えたからです(僕も、カメラ関係に費やすお金が潤沢にあるわけじゃありませんのでね。せこくやってます)。こんなに軽くてコンパクト(ってフルサイズになって初めて思えるようになった)なシグマの超広角レンズを持っているのに、あんな、高いし、デカいし、重いレンズを買って良いものか、どうか、とずっと考えていたのです。
そしてついに買ってみて、
「K-1を買ったときに、どうして一番初めにこのレンズを買わなかったのか」
と激しく後悔しました。素晴らしいレンズです。早く買わなかったことをこれほど後悔したレンズはFAリミテッド以来のことです。
これを買った僕の気持ちをモデル2号が表現してくれました。

ここは横浜港シンボルタワー。色々と超広角を試す場所があります。自分の影まで写っちゃうのも超広角の魅力だったりします。

いやもう、マジでしびれるんだけど。
 ここより下では、港の見える丘公園でたくさん撮った撮例をご紹介します。

2017年11月20日月曜日

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR! すごいレンズだ

先日HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8が発売になるというニュースを見て、こりゃあ買わねばなるまいと勝手に興奮した記事を書きましたが、これがまたフルサイズ用ではないというのを見逃して書いたという、とてつもないテヘペロな基本的失態を犯してしまいました。
結局普通に購入できるペンタックスフルサイズ用では、しばらくずっと超広角レンズって1つしかないんだな、と身に沁みました。
ということで、買いました。上の失態がきっかけで買う決心がつきました。
ずっと買うのを悩んでたHD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR。

2017年11月19日日曜日

新宿御苑 圧巻の大イチョウ HD PENTAX-DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR

先日もお勧めしましたが、構図の勉強はとにかくこのシリーズ。なぜ、この構図でなければならないのか?という本質がはっきりと分かります(僕の写真がその域に達しているかどうかはまた別ですけど)。
               
この新宿御苑のイチョウ写真ではこのシリーズ本にあったことを気を付けて写真にしてみてます。
一枚目のイチョウの写真。これは、イチョウの木を主人公にしています。
二枚目ではベンチです。
たったこれだけの違いでも、それぞれの写真で伝えたいことが変わってきますね。ほんの少しの構図の違いでこれだけの差が生じるんだから、写真を写す時は本当に気合を入れて構図を追い込んでいきたいところです。



2017年11月17日金曜日

新宿御苑 自分なりのスタンスで smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR

先日、言の葉の庭の聖地巡礼ということで、映画のシーンと同じ画を写真にしました。
これはもう実に楽しい体験でしたが、映画のシーンを再現したものが自分の写真なのか?と自問自答するとどうもこりゃ違うという違和感を覚えました。
ということで、新宿御苑にて自分だったらこう撮りたい、という写真を色々と撮ってきましたのでそれを掲載します。
もちろん、映画のシーンよりも良い、などと言うつもりはなく、自分はこういうのが好みだ、というだけですのであしからず。

下の写真はプラタナス並木の仲の良い女性たち。記念撮影をしているところが実にフォトジェニックでした。

2017年11月15日水曜日

言の葉の庭  聖地巡礼が叶ったよ!

以前、「君の名は」に感動し、新海監督の作品はすべて見てやろうということで出会った作品が「言の葉の庭」
この映画での新宿御苑の描写が素晴らしく、ペンタックスの一眼レフで僕もあの情景を撮ってみたいとずっと思っていたのですが、念願叶ってその機会を得ました。

こちらが予告編PV  
   ↓
「言の葉の庭」
言の葉の庭の季節の主な設定は梅雨から夏ですが、僕が行ったのは秋。
だから雰囲気は少しばかり違うのですが、まあなんとかそれなりの描写になったと思います。

まずは新宿門から。秋月君が入っていく方の門ですね。
この日は雨が少しだけ降ったりやんだりという絶好の言の葉の庭日和。あまり雨が降り過ぎてもらっても撮る方としてつらいので。
と、天気にも恵まれ、映画の雰囲気っぽい写真になりました。
おお!同じ構図じゃん~。
季節柄、多くの菊が飾られていました。


2017年11月12日日曜日

月に浮かび上がるつばさ橋 TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO

通りかかって見えたつばさ橋が月に浮かび上がってあまりにきれいだったので。
こういう場合、どのぐらいの露光時間にするのか悩むところです。
まずは2.5s。
このぐらいの短い露光時間ならば、雲が流れずはっきりしていて、海面に浮かぶ月の反射も細かくてとてもきれいに見えます。

 次に15秒の長時間露光。
通常これぐらいの長時間露光ならばもっと雰囲気の良い写真になると思うのですが、今回は秋特有のうろこ雲がぼやけ、月でキラキラ輝く海面もぼやけたため、1枚目の写真よりも眠いイメージになってしまいました。まあ、露光が長ければ良いというものでもない、ということですね。

1枚目のイメージで、横構図で写真を撮ってみました。
構図としてはこれが最も良い雰囲気でしょうか?月が上に輝き、長いつばさ橋を端から端まで撮れてます。
ただ、船のぶれた感じをどうとらえられるか、によってこの写真の評価が変わってくるような気がします。この辺は、ISOをどう上げて、どう撮るか、という判断が難しいところです。
                

2017年11月11日土曜日

大黒ふ頭から眺める横浜の夕暮れ TAMRON SP AF70-200mm F2.8 (IF) MACRO

大黒ふ頭からの横浜を前々から撮りたいと思っていましたが、暇な夕暮れ時にヨッシャ!とカメラを引っ提げて出かけてきました。
焼けろ焼けろと念じて、まずまずの夕焼け。
ランドマークタワーにどっかりと大きな夕日が沈んでいきます。

ちょうどランドマークタワーの裏側に夕日が来た時に、ビルを突き抜けた光が確認できます。これって、結構珍しいかも。